趣味と実用を兼ねた手作り石鹸

作ることも楽しく、自分で使うこともできる、石鹸を自作するのは多くの人におすすめできる趣味です。ハンドメイドの石鹸は、市販のものと違い様々なものを自分で決められるという点が大きな魅力です。自分好みの匂いをつける、市販されているものにはない形を作る、自分により良い効能のものを作ることができるなどハンドメイドには趣味と実用を兼ねた多くの魅力があります。

 

石鹸を作るのは難しいのではないかと不安になる方もいるでしょう。しかし初心者向けのキットも売られており、自作の方法を学べる教室も各地で開かれているなど初めての方でもすぐに作り方を学べます。

 

手作り石鹸の通販サイトランキング

石鹸を作ってみたいけれどまず見本が欲しい、人気がある石鹸はどのようなものなのか知りたい方もいるでしょう。そこで、人気の手作り石鹸通販サイトのランキングを3位までご紹介します。1位はsavon de oliveです。こちらは約300円で一通りの商品を購入できます。シンプルな色合いと安心する匂い・使い心地から人気があります。

 

2位はartist made soaps PASTEL CARREです。こちらは一転してカラフルな色合いになっています。肌が綺麗になったとの声もあります。3位はtecoloです。こちらはサイトで石鹸の作り方も詳しく載っており、購入以外にも役立ちます。

 

お小遣い稼ぎにも使えます

ハンドメイドの石鹸を通販サイトで売りに出せば、お小遣い稼ぎに役立てることもできます。ランキング上位の方のように専用のサイトを持つ必要はなく、一般の通販サイトで自分が作った石鹸が出品可能です。

 

一般の通販サイトでも人気の商品になれば、月数万以上のお金を稼げます。オークションサイトでも手作りの石鹸が多く出品されています。一度インターネットでどのように石鹸が出品されているのか一通り閲覧してみることをおすすめします。人気の傾向を知ることで、よりお金を稼ぐためにどう石鹸を作るべきかわかるようになります。

 

まとめ

最後に手作り石鹸を売り出す際の注意点として、薬事法に抵触しないように化粧品ではなく雑貨として出品するようにしましょう。化粧品や医薬品として出すには許可が必要なので、それを必要としない雑貨の出品が大事です。しかし雑貨としての出品は本来の用途と異なるものなので、検索されづらくあまり売れないと考えて良いでしょう。より多くの人に自分の石鹸を見てもらうために資格を取る選択肢も存在します。ハンドメイド石鹸協会の行う資格試験を合格するのが効果的でしょう。

 

石鹸に限りませんが、購入者への対応を素早く行うことも有効です。自分で使うだけでなくお小遣い稼ぎもできる、石鹸は趣味と実用を兼ねた素晴らしいものです。

関連ページ

ハーブ・スパイス資格を取るには
ハーブ・スパイスの資格には、協会系や通信講座系、そして検定系と様々な種類があります。その中で自分にあった資格を修得するには、幾つかのポイントを押さえておくことが必要です。
アロマつき手作り石鹸で好みの環境を作れる
ストレス解消法にもいろいろありますが、そのランキングを見てみると、「たくさん寝る」「たくさん食べる」など基本的な生活の中からみつけている人がかなりいるようです。
副業にもできるニードルフェルト
昨今話題になっている、ニードルフェルト。羊毛フェルトとも呼ばれる事があるように、羊の毛や化繊などの、毛糸に撚る前の繊維を、ニードルという鉤の付いた針で刺し、繊維を絡ませながら形を作っていくクラフト技術の事です。
ハンドメイド品をネットで売るためのコツ
まず、どんなものが売れているのかをチェックすることが、ハンドメイド品をネットで売るためにしておくべきことです。確かにハンドメイド品をネットで販売をすることは、趣味と実用を兼ねているという点で優れています。